何かを書き留める何か

数学や読んだ本について書く何かです。最近は社会人として生き残りの術を学ぶ日々です。

Pycon JP 2018に参加しました。

まさかの時のなんとやら

2018年9月17日、18日にPyCon JP 2018のカンファレンスが行われた。 2014, 2015, 2016, 2017に続いて5回連続5回目の参加である。 今回はスピーカー、スポンサーブースの主担当者として参加という今までとは全く異なる立場でのPyCon JPであった。

聞いたトーク

Atsushi Odagiri 「あなたと私いますぐパッケージン」

speakerdeck.com

youtu.be

毎年、パッケージングの話を聞いていると着実にパッケージ周りが進歩していることがわかる。

新井 正貴 「Pythonで解く大学入試数学」

slideship.com

youtu.be

まさかの数学ネタ、SymPyネタ被り。自分の宣伝に少なくない時間をかけてもらってしまい申し訳なかった。 センター試験は手計算に優しいのでSymPyだと回りくどい可能性もある。

杉山 剛「自分が欲しいものをPythonで書く方法(Python for Myself)」

slideship.com

youtu.be

YouTubeから視聴。 質問に答える人の役で自分が登場する。

1日目LT

youtu.be

jumpyoshim.hatenablog.com

会社の同僚が発表した。 アレな目的に対して真面目な手法を使うのは面白い。

別のLTで昨年のLTであった「listにlistを代入する」話が再び登場した。

Yasuaki Matsuda「Djangoアプリケーションにおけるトイル撲滅戦記」

speakerdeck.com

youtu.be

会社の同僚が発表した。 一緒に取り組んだプロジェクトやその経験を踏まえた新しいプロジェクトでの経験をいい感じにまとめてある。

2日目LT

youtu.be

麻雀の役判定botのLTにキレがあった。 そのほかもいい感じのネタでとてもよかった。

スポンサーブース

ここについては、おそらく会社側できちんと広報を通して書いた方が良さそうなので、お楽しみ、ということで...。

発表した内容: 「SymPyによる数式処理」

github.com

youtu.be

当初、数論成分は薄めであったが、線型代数の説明をするよりも数論の方がSymPyのモジュールを活用できるので素数にまつわる定理や補題、予想を増やしていった。概要に書かれている連立方程式や最大公約数、最小公倍数は一体どこにいったのでしょう? 発表の冒頭でヤバいと思ったら逃げましょう、と煽ってみたが、結局誰も逃げずに最後まで聞いてくれてうれしかった。寝ていた人もいたけれども...。

自分の発表を聞いてみると、自分が思っているよりも声が高めなのか、とか、早口で何言っているのかわかんないなこれ、みたいな印象を受ける。

発表内容も、当初はもう少し高校数学よりの内容にするつもりであったが、ネタ被りが生じたため、修士論文からネタを採用することになり数論ネタが増えたりと「理工系学部1, 2年」というレベル感とは、という状況になった。 それでも、自分が話したい内容を話したほうがやはり話している人が面白いので聞いている分も何言っているのかわからなくても面白そうだった、となれば十分である。

所感

今年はスピーカー、スポンサーブースの主担当者という重めの役割を同時にやったのでなにかと大変であった。 来年も数学ネタで何かできればいいなと思いつつ。