何かを書き留める何か

数学や読んだ本について書く何かです。最近は社会人として生き残りの術を学ぶ日々です。

Curriculum Vitae of XaroCydeykn

Curriculum Vitaeと呼ぶには何かが欠けている気がするが気にしない。

技術書査読

外部発表

2016年

  • PyConJP で感じる私の成長」PyCon JP 2016 Day1 Lightning Talk

受付後にLTの募集枠が空いていたので深く考えずに登録した。 卒論・修論発表で培った(?)勢い重視の発表で中身の薄さを乗り越えた。 最初のPyCon JPは怖い、という話はある程度共感を得たようである。

2017年

当初は話を聞くだけのつもりであったが、Python 3.6の新機能を調べるうちにメタクラスの部分の置き換えができることに気づいたので発表した。

中身のない概要から如何に内容を絞り出すか、と苦戦した発表。

  • Respect the Built-in Names」PyCon JP 2017 Day1 Lightning Talk

Reject Conから評判の良かった内容を抽出して膨らませたLT。

  • 技術書査読・校正の現場から」BPStudy #123 Lightning Talk

間違い探しLT。

2018年

  • レガシーDjangoアプリケーションの現代化」DjangoCongress JP 2018

2017年8月から参画したプロジェクトの経験を元に架空のプロジェクトという見立てを用いて話を作った。

  • SymPyによる数式処理」PyCon JP 2018

SymPyで学んだことを整理するために発表した。

モーニングライドというイベントに参加した

アチェンジが苦手なフレンズ

昨年11月末に自転車(クロスバイク)を購入した。 土日に近所のめぼしいところへ漕いで行く、というのを行なっていた。

購入したお店で毎週日曜日にモーニングライドというイベントが実施されている。 「初心者歓迎!」とあったので参加した。初心者は私だけであった。

イベントの様子は以下のお店のエントリに書かれている。 suzupower.com

お店のブログのエントリに登場する初心者が私である。

話を聞いただけだと難しい。 慣れるまでは考えながらシフト操作をする必要があるが、目標は脊髄反射レベルまで自然にできるようになることであろう。 とにかくめげずに頑張りたい。

2018年大反省会

うわっ...私の投稿、少なすぎ...?

2017年大反省会 - 何かを書き留める何か

特に誰も楽しみにしていない年末恒例の振り返りを今年も実施する。 2018年はPython関係で長めの発表を2回やったり、技術書の査読をやったりと昨年同様の活動を継続していた。 財政状況はやや改善した。健康状態は相変わらず褒められた状況ではないが、新たな取り組みも始めた。

2018/01/20 『初めてのPerl 第7版』発売

『初めてのPerl 第7版』の査読を担当しました - 何かを書き留める何か

オライリーの伝統ある「リャマ本」に関わることができて嬉しかった。一方で、Perl言語の難しさも感じた。

2018/02/14 キリスト教の聖書に興味を持ち始めた

架神恭介『「バカダークファンタジー」としての聖書入門』を読んだ。 - 何かを書き留める何か

『仁義なきキリスト教史』『「バカダークファンタジー」としての聖書入門』から始まった。 まずは旧約聖書から、と地元の図書館で創世記、出エジプト記レビ記民数記申命記ヨシュア記、士師記、サムエル記、列王記まで借りて読んだ(いずれも岩波訳の分冊版)。 しばらく間が開いたのち、紀伊國屋で田川訳の新約聖書本文だけ抜き出したものを購入して、 気づいたら『新約聖書 訳と註』に手を出していた。マルコ、マタイ、ルカ、使徒行伝、ヨハネ公同書簡まで読んだ。

2018/03/24 『Head First Python 第2版』発売

『Head First Python 第2版』の査読を担当しました - 何かを書き留める何か

技術書としてはかなり異色の組版であり、従来の頁数と行数で指摘箇所を伝える方法だったら相当困難を極めただろう。 DropboxのPDFコメント機能は便利である。 どうやら2刷が決まったようで嬉しい限りである。

2018/05/19 DjangoCongress JP 2018に登壇した

DjangoCongress JP 2018に登壇しました - 何かを書き留める何か

架空のプロジェクトという仮託を用いて発表した。 厳密には仮託ではない気もするが...。 現在もこの知見を活用して日々の業務を行なっている。

2018/05/26 『Pythonデータサイエンスハンドブック』発売

『Pythonデータサイエンスハンドブック』の査読を担当しました - 何かを書き留める何か

1冊でデータサイエンスを俯瞰できるいい本。

2018/06/ごろ 入社以来やっていたプロジェクトが終わる

プロジェクトとしては僕が入社する前から動いていて、比較的早い時期に参加したものである。 今までは、大規模な利用者がいるものを作ったことがなく、リリースという作業もまともにやってこなかった。 仕事を始めて5年目ぐらいにして初めての経験である。

2018/07/26 『Pythonによるデータ分析入門 第2版』発売

『Pythonによるデータ分析入門 第2版』の査読を担当しました - 何かを書き留める何か

pandas本の第2版でPython 3対応。第1版は普通に購入して積読であったが、第2版は頭から読むことになった。

2018/09/01 PyCon JP 2018 登壇者座談会に参加した

PyCon JP 2018の登壇者座談会に参加しました - 何かを書き留める何か

codezine.jp

文章は自分で推敲すればいいので気楽であるが(?)、話すのは非常に難しい。

2018/09/18 PyCon JP 2018で発表した

Pycon JP 2018に参加しました。 - 何かを書き留める何か

PyCon JPで発表したり、自社ブースの準備を行なったりと忙しかった。

2018/09/19 『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』発売

『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』の査読に参加しました。 - 何かを書き留める何か

同じテーマを扱った別の本を読みすぎたせいか食傷気味で大変であった。

2018/09/22 『問題解決のPythonプログラミング』発売

『問題解決のPythonプログラミング』の査読を担当しました - 何かを書き留める何か

PyCon JPの準備と『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書』と『問題解決のPythonプログラミング』が重なってなかなかに大変であった。 他のレビュワーの鋭い指摘に感動した覚えがある、というより自分の気力が減っていて気づけなかったからだろうか...。

2018/11/10 『エレガントなSciPy』発売

『エレガントなSciPy』の査読を担当しました - 何かを書き留める何か

意外と少ない科学技術計算本。題材も面白い好著である。

2018/11/下旬 ちょっといい自転車を買った

ちょっといい自転車に乗る機会があり、それなりに楽しかったので自分で購入した。 近所のサイクリングコースに行ったり、過去に2時間程度かけて歩いて行ったことがある箇所に行ってみたりしている。 「家に帰るまでが遠足」という言葉に現実味を感じるようになった。 徒歩なら、もし疲れたら電車で帰ったり、タクシーを拾えばよいが、自転車は基本的に自力で帰ることを求められる。

2018/12/ごろ それなりに長いプロジェクトが終わる

「架空のプロジェクト」の続き。また外部に発表できる機会があればいいですが...。

2018/12/15 『Python機械学習クックブック』発売

以前、プログラミング本には入門書、総合書、クックブックの3冊が必要だ、という話を聞いたことがある。 唸るほどの入門書、何冊かある総合書があるなかで、使いやすいクックブックが登場したのがうれしい。

全体的な反省

このブログは一体誰が見ているのか、さらにこのような更新を待っている人はどれだけいるのか、わからない。 それでも、2018年のエントリは何かの本の査読をやった、どこかで発表した、など報告ばかりで面白みがやや欠けるものばかりである。 昨年の流れを継続できたといえばできたが、発展させることはできなかった。

そろそろPythonだけでなく、別の言語を覚えないと幅が広がらないだろう。 Pythonを始めたきっかけが数学であったので、その別の言語も数学っぽいことをすれば身に付けることができるだろうか。 数学っぽいことがたくさん書いてあるプログラミングの本は何だろうか、誰が教えてほしい。 ぱっと思いつくのはSICPであるが、もう少し新しいのが...。

2018年に参加したアドベントカレンダー

焼き直し、または進化の過程

12月はアドベントカレンダーの季節である。 月初はまだ暖かく、今年は楽に過ごせそうだなと高を括っていたが、急に寒くなり、とうとう暖房をつけるハメになった。

今回、参加したアドベントカレンダーは現在所属している企業のエンジニアが書くアドベントカレンダーである。

qiita.com

ところが、12月は妙に忙しく、新規にネタを温めることができなかった。 ひとまず、ここの怪文章置き場からネタを掘り返して焼き直すことにした。

画像のバイナリ列から画像のフォーマットを判定する

qiita.com

これは前職で遭遇した拡張子がイマイチ信頼できない画像ファイルの取り扱いの記事の焼き直しである。

xaro.hatenablog.jp

今回、遭遇したシチュエーションは、エンジニア以外のメンバーがGitレポジトリに画像をアップロードする際に、想定した形式であることをチェックするためである。 前回ほどは殺伐とした状況ではないが、一々形式チェックするのも面倒である。 そのため、レポジトリにプッシュした際にCIを走らせてチェックを行うことにした。 前回はサーバー内部で使う想定だったので単純な函数であったが、今回はCI上で動かすのでstdin経由でぶち込む想定で実装した。

PythonesqueなPythonオブジェクトを作ろう

qiita.com

これは「役に立たないプログラムを書く」というまさに何も役に立たない取り組みの焼き直しである。

xaro.hatenablog.jp

xaro.hatenablog.jp

前回の記事の動機付けとしてはMonty Pythonのスケッチから着想をえた、という構成にした。 今回は、それを意識しつつも荘子の無用の用の概念を強く意識して書いた。

なぜ「役に立たないプログラムを書く」という発想に至ったのか。 単なる天邪鬼な性格の故、とも言えるし、「プログラミングは目的ではなく手段」という言説に対する反例を示したかった、とも言える。 「プログラミングは目的ではなく手段」を信奉するのは別に個人の自由であるが、それをありがたい御題目として他人に押し付けられるのが嫌なのである。 プログラミングそのものもそれ単体で十分技芸であり、それ自身を目的としてもよいのである。 それらのエントリが技芸に足るのか、は別の問題であるが。

役に立たないと言いつつも、「ランダムにイテレートされるリスト」は何かに役に立ちそうな気がする。 もっとも、何が何に役に立つのかなど、浅はかな自分にわかりやしないのであるが。