何かを書き留める何か

数学や読んだ本について書く何かです。最近は社会人として生き残りの術を学ぶ日々です。

Curriculum Vitae of XaroCydeykn

Curriculum Vitaeと呼ぶには何かが欠けている気がするが気にしない。

技術書査読

2016年

2017年

2018年

2019年

外部発表

2016年

  • PyConJP で感じる私の成長」PyCon JP 2016 Day1 Lightning Talk

受付後にLTの募集枠が空いていたので深く考えずに登録した。 卒論・修論発表で培った(?)勢い重視の発表で中身の薄さを乗り越えた。 最初のPyCon JPは怖い、という話はある程度共感を得たようである。

2017年

当初は話を聞くだけのつもりであったが、Python 3.6の新機能を調べるうちにメタクラスの部分の置き換えができることに気づいたので発表した。

中身のない概要から如何に内容を絞り出すか、と苦戦した発表。 技術書に書かれていることだけでは難しく、実践を伴わないと意味のある発表にするのが難しい。

  • Respect the Built-in Names」PyCon JP 2017 Day1 Lightning Talk

Reject Conから評判の良かった内容を抽出して膨らませたLT。 意外と琴線に触れる内容だったらしく、アンサーLTまで登場した。

  • 技術書査読・校正の現場から」BPStudy #123 Lightning Talk

間違い探しLT。 筆者も意外といい加減なことを書いているのでそれを検証しつつなんとかするのが査読や校正の役割である。

2018年

  • レガシーDjangoアプリケーションの現代化」DjangoCongress JP 2018

2017年8月から参画したプロジェクトの経験を元に架空のプロジェクトという見立てを用いて話を作った。

  • SymPyによる数式処理」PyCon JP 2018

SymPyで学んだことを整理するために発表した。

2019年

  • Django QuerySet アレパターン」DjangoCongress JP 2019 Lightning Talk

正しくはQuerySetではなくDjango ORMの失敗談。

『IPythonデータサイエンス クックブック 第2版』の査読を担当しました

科学技術計算とNotebookの威力を堪能しよう

2019年5月25日にオライリージャパンから『IPython Interactive Computing and Visualization Cookbook, 2nd Edition』の邦訳『IPythonデータサイエンス クックブック 第2版』が発売される。 この度、邦訳の査読者として参加させていただいた。 オライリーの方から話があったのは2019年3月中旬であった。

www.oreilly.co.jp

『IPythonデータサイエンス クックブック 第2版』は2015年12月に発刊された『IPythonデータサイエンス クックブック』の改訂版である。 初版がでた当時はPython 2とPython 3が並立し、まだIPythonとNotebookが一体になっていた時期である。 『IPythonデータサイエンス クックブック 第2版』ではPython 3に全面対応し、タイトルこそIPythonであるが、中身はJupyter Notebookが主体である。 IPython NotebookからJupyter Notebookへの変化だけでなく、例えば単体テストツールとして初版ではnoseが採用されていたが第2版ではpytestが採用されるなど時代に合わせたアップデートが行われている。

目次を眺めると「時系列の自己相関」やら「ポアソン過程のシミュレーション」など知らない題材が登場して尻込みしてしまうかもしれない。 ここで重要になるのが、Pythonやそのエコシステムで何ができるのかを知っておくこと、である。 読んだ直後では使わないかもしれないが、この手のものはある日突然必要になるものである。 全く知らない状態から調べるよりも、一通り目を通して頭の中にインデックスを張ることですぐに課題に取り掛かることができる。 500ページ超と中々の大物であるが、是非とも机の片隅に置いてその時に向けて役立ててほしい。

『できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。』の査読を担当しました

できる!

2019年5月24日にインプレスから『できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。』が発売される。 この度、レビュワーとして参加させていただいた。 Python mini hack-a-thon冬山合宿 2019がきっかけである。

book.impress.co.jp

オライリージャパンの『退屈なことはPythonにやらせよう』とコンセプトが似ている。 『退屈なことはPythonにやらせよう』は「面倒な作業を自動化しよう」がテーマであるが、 『できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。』は「せっかく覚えたPythonを仕事に生かそう」である。

できる 仕事がはかどるPython自動処理 全部入り。』の良いところは最初から日本の職場環境を意識して書かれている点である。 例えば、PythonインタプリタWindowsPowershellで動かしたり、Excelファイルの操作など、すぐに役に立つ内容である。

DjangoCongress JP 2019に参加しました

2019年5月18日に東京・日本橋サイボウズにてDjangoCongress JP 2019のカンファレンスが行われた。 今年で2回目である。 昨年は登壇者として参加したが、今年は普通の参加者として参加した。

djangocongress.jp

聞いたトーク

DjangoではじめるGraphQLとフロントエンド開発の協業

GraphQLは本をちょっとだけ読んで放置していたので知識が曖昧であった。 自分は、まずGraphQLが登場する前のRESTをきちんと理解する必要があるなと感じた。

Django Girls Blogのネクストステップ 〜実務レベルへ橋渡し〜

チュートリアルと「作りたいものを作るレベル」までをつなぐためにどうするかという発表。 参照した資料のリンクも豊富で丁寧な発表だった。

自社サービスのDjango1.3サーバを1.11(LTS)にアップグレードするまでの道のり

これは会社の同僚である@LightTiger2505氏に発表するように煽って促して実現した発表である(自画自賛)。 練習含め3回聞いた発表であったが本番が一番素晴らしかった。

DjangoによるWebエンジニア育成への道

最初はJSL社の宣伝かな?と思っていたが、そんな甘い話ではなく、8年かけてどうやって今のJSLの社風にまで作り上げていったのかという素晴らしい事例集であった。

LTで発表する

Lightning Talkの枠が空いていたので、小ネタで発表することにした。 荷物を軽くしたかったのでPCを持っておらず、手元のスマートフォンで作成して参加していた会社の同僚にPCを借りて発表した。

speakerdeck.com

DjangoのQuerySetやModel周りの話の失敗談である。 正しいタイトルは「本当は怖いDjango ORM」とするべきだったか。 今ならば、このように小ネタとして扱えるのであるが、これらに遭遇した当時は中々に精神に来る代物であった。 言いたいことは最後のスライドの通りである。

参加者の反応

最後に

非常に楽しいカンファレンスであった。 来年も機会あれば参加したい。