何かを書き留める何か

数学や読んだ本について書く何かです。最近は社会人として生き残りの術を学ぶ日々です。

Curriculum Vitae of XaroCydeykn

Curriculum Vitaeと呼ぶには何かが欠けている気がするが気にしない。

技術書査読

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

外部発表

2016年

  • PyConJP で感じる私の成長」PyCon JP 2016 Day1 Lightning Talk

受付後にLTの募集枠が空いていたので深く考えずに登録した。 卒論・修論発表で培った(?)勢い重視の発表で中身の薄さを乗り越えた。 最初のPyCon JPは怖い、という話はある程度共感を得たようである。

2017年

当初は話を聞くだけのつもりであったが、Python 3.6の新機能を調べるうちにメタクラスの部分の置き換えができることに気づいたので発表した。

中身のない概要から如何に内容を絞り出すか、と苦戦した発表。 技術書に書かれていることだけでは難しく、実践を伴わないと意味のある発表にするのが難しい。

  • Respect the Built-in Names」PyCon JP 2017 Day1 Lightning Talk

Reject Conから評判の良かった内容を抽出して膨らませたLT。 意外と琴線に触れる内容だったらしく、アンサーLTまで登場した。

  • 技術書査読・校正の現場から」BPStudy #123 Lightning Talk

間違い探しLT。 筆者も意外といい加減なことを書いているのでそれを検証しつつなんとかするのが査読や校正の役割である。

2018年

  • レガシーDjangoアプリケーションの現代化」DjangoCongress JP 2018

2017年8月から参画したプロジェクトの経験を元に架空のプロジェクトという見立てを用いて話を作った。

  • SymPyによる数式処理」PyCon JP 2018

SymPyで学んだことを整理するために発表した。

2019年

正しくはQuerySetではなくDjango ORMの失敗談。

ピタゴラス数と無限降下法について勉強して話した。

2020年

cmathモジュールの可能性を模索した。

2020年に読んだ本

雑な読書記録

買っても読まず、読んでも特に記録を残さずに思い出に残らないので、年単位で読んだ本と簡単な感想を残しておくことにしよう。 いつも、書評を書こうと思い立つもすぐに断念してしまうので「簡単な感想」にとどめてそのハードルを下げるのが目的である。

横田増生ユニクロ潜入一年』(文藝春秋

books.bunshun.jp

話題になったのは2017年で2020年に読むのはと思うかもしれないが色々なタイミングで今読むことになった。 筆者の潜入ルポものだと3冊目にあたる。 柳井正社長の「うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」という言葉に応じて約1年間ユニクロの複数の店舗でアルバイトした記録と下請けである中国やカンボジアの工場で働く人々への取材からなる。 ワンマン体質と徹底した守秘義務は読んでいて非常に不気味である。 柳井社長の部長会議における発言が一貫していないように思われ、君子は豹変するなのか、朝令暮改なのかがわからなくなった。

横田増生潜入ルポ amazon帝国』(小学館

www.hanmoto.com

筆者の潜入ルポもの4冊目。 アマゾンの小田原の倉庫で働いた記録とヨーロッパの取材、マーケットプレイス周辺に潜む怪しい人たちへの取材からなる。 筆者が「ユニクロが「ろくでなし」ならばアマゾンは「ひとでなし」」と表現した通り、秒刻みで終われるピッキング作業、雇用の多重構造による責任の曖昧化などが描かれている。 難癖をつけるならば、筆者はIT周りにそれほど強くないらしく、AWSに関する記述は微妙であった。 AWSのアマゾンっぽいふるまいとしてはオープンソースの扱い方にあると思うのであるが、その辺はITに強いノンフィクションライターの出現を待つほかないのだろうか。

横田増生ユニクロ帝国の光と影』(文藝春秋

books.bunshun.jp

ユニクロ潜入一年』よりも時系列としては前であり、2010年頃の話題なので古い箇所もあるが今もなお読むべき価値がある。 批判的に書かれた企業や経営者に関する本でユニクロがSPAで合理化を進めて大企業へと成長する光の部分と疲弊する現場と言行が一致しない経営者という影が描かれている。 『ユニクロ潜入一年』は変化球であるが『ユニクロ帝国の光と影』は正攻法の取材からなる。 GAPを目標にしてSAPを進め、GAPの凋落とともに綻びが、というのはどの業界にもありうる話である。

世阿弥風姿花伝』(ちくま学芸文庫

www.chikumashobo.co.jp

佐藤正英翻訳。 以前、新編日本古典文学全集の『連歌論集 能楽論集 俳論集』を読んだことがあり、そこで読んだ風姿花伝は非常に面白かった思い出があったのだが、 このちくま学芸文庫風姿花伝はその面白さはなく、すぐに眠くなってしまった。なぜ? 最初の「年来稽古条々」で読むのを断念した。なぜ? 翻訳者の違いによるものならば、「日本の古典をよむ」シリーズの風姿花伝にすればよいのか。

日本の古典をよむ(17) 風姿花伝 謡曲名作選』(小学館

www.shogakukan.co.jp

とりあえず表章氏が編集した『風姿花伝』を読んだ。 現代語訳は「タイミング」など大胆に外来語を使うなど現代人が読むのに適した訳文となっていて、ちくま学芸文庫版よりも読みやすいと感じる。 新編日本古典文学全集は持ち歩くのが大変(持ち歩いたこともある)で現代語訳は小さいので原文を気にせず読むにはなかなか大変であるが、「日本の古典をよむ」シリーズのサイズならば持ち運びも簡単である。

別役実別役実のコント教室』(白水社

www.hakusuisha.co.jp

新宿紀伊國屋の4Fをウロウロしていると、紀伊國屋ホールから演劇の声が聞こえてきたので演劇関係の本が置いてあるコーナーに向かったら、最近、別役実氏がなくなった、読んだことないけど、と思い出した。 本棚を眺めると、『ハムレット』以外の戯曲を読んだことがなくても読めそうな気がしてきたので手に取った。 笑える(不条理な)コント(寸劇)の書き方を通して戯曲の書き方を学ぶ、といった本で講義と講義内で提出された作品の批評からなる。 もちろん、劇作家や放送作家になりたいわけではないが、非常に面白く読めた。 引用されていた本も1冊買ってしまった。

ウージェーヌ・イヨネスコ『ベスト・オブ・イヨネスコ 授業/犀』(白水社

www.hakusuisha.co.jp

別役実のコント教室』で取り上げられていたので、表題作の『授業』だけ読んだ。 詳細はネタバレになるし、不条理演劇としては有名かつ古典なので検索すればあらすじや実際の動画が出てくると思うので割愛するが、フランスかルーマニアの学制を前提としているのか、 日本人にはちょっとわかりにくい舞台設定なので、これを翻案して…という時間があればいいのだが。

PyCon mini Shizuokaにオンラインで参加しました

久しぶりの静岡、初めての藤枝、になるはずだった

2020年2月29日に藤枝 BiviキャンにてPyCon mini Shizuokaが行われる予定であったが、新型コロナウィルスの影響でオンライン開催となった。

shizuoka.pycon.jp

shizuoka.pycon.jp

今回、『君はcmathを知っているか』という題目で発表を行った。

speakerdeck.com

発表内容

発表内容としては、過去のエントリ「cmathモジュールのジレンマ」や「cmathとmatplotlibでMandelbrot集合を描画する。」 を下敷きに、改めて考えたりしたものである。 過去の結論は「帯に短し襷に長し」であったが、今回の発表では離散Fourier変換の実装も(SciPyのfftpackのドキュメントを大いに参考にしたし、高速Fourier変換ではないが)行い、わずかながらであるがcmathの可能性、 少なくとも学部のレポート課題程度をこなす能力はあるのでは、という認識である。 NumPyやSciPyだとブラックボックスになる部分を明示的に実装できる、というのも勉強としては非常に良いものである。

発表そのもの

発表について、機器のトラブルで音声が聞こえず、前半部分が無音だったといわれた。 担当者も急にオンライン開催となりここまで準備してくださったのにこのようなことを書くのは申し訳ないが、正直悲しい出来事だった。 前半部分が無音で人が離れてしまったのか、内容があまりにも需要がないものだったのか、発表がひどいからか、5分程度時間を余らせて質問の時間を確保したが結果として意味がなかった。 きつい質問が飛んでくるほうがまだ楽しくて、何ら反応がないのは結構精神に来るものがある。

感想

色々な不運が重なった結果、静岡にも行けず、発表も満足にできず、結果は不満が残るものになった。 せっかくのイベントなのにきちんと発表ができなかったのはやはり辛い。 ここ最近、辛いイベントが相次いだのでそれと合わせてかなりダメージを負っている状況である。 しばらく外出もできない雰囲気なので、横になって体を休めたい。 そして、いつか行われるであろうカンファレンスに行きたい。

『データサイエンス設計マニュアル』の査読を担当しました

統計学と計算機科学の枠を越えたデータサイエンス

2020年1月28日にオライリージャパンから『The Data Science Design Manual』の邦訳 『データサイエンス設計マニュアル』が発売される。

www.oreilly.co.jp

この度、邦訳の査読者として参加させていただいた。 オライリーの方から話があったのは2019年11月であった。 原著はSpringerである。シュプリンガージャパンが邦訳書から撤退してからだと相当珍しい気がする。

筆者は『アルゴリズム設計マニュアル』などの著作がある計算機科学者である。 この手のデータサイエンス本は具体的なツール(Pythonなど)が目に見てわかりやすい応用が中心に書かれているが、 この本は理論よりではあるが理論と実践がバランスよく書かれている非常に面白い本である。

O'Reilly Mediaの最近の本は表紙がカラーとなり、オライリージャパンもその流れに乗っている(これはたぶんその流れの2冊目)。 データサイエンスで登場する概念を言葉で理論を説明しているので入門書としては硬派であるが、ぜひ読んでいただきたい。