何かを書き留める何か

数学や読んだ本について書く何かです。最近は社会人として生き残りの術を学ぶ日々です。

Curriculum Vitae of XaroCydeykn

Curriculum Vitaeと呼ぶには何かが欠けている気がするが気にしない。

各種アカウント

  • Twitter 何だかんだ学生時代から続けている。ある意味20代の歴史である。
  • Mastodon 流行りだしたので作って放置していたが、一応生きている。
  • misskey.io にわかに流行りだしていたので作ってみた。

Twitterに限らず、複数アカウントを同時に使ったことがないので、どうやって使い分けたらいいのかがわからない。

翻訳

監訳

監修

共著

技術書査読

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

2021年

2022年

2023年

2024年

外部発表

2016年

  • PyConJP で感じる私の成長」PyCon JP 2016 Day1 Lightning Talk

受付後にLTの募集枠が空いていたので深く考えずに登録した。 卒論・修論発表で培った(?)勢い重視の発表で中身の薄さを乗り越えた。 最初のPyCon JPは怖い、という話はある程度共感を得たようである。

2017年

当初は話を聞くだけのつもりであったが、Python 3.6の新機能を調べるうちにメタクラスの部分の置き換えができることに気づいたので発表した。

中身のない概要から如何に内容を絞り出すか、と苦戦した発表。 技術書に書かれていることだけでは難しく、実践を伴わないと意味のある発表にするのが難しい。

  • Respect the Built-in Names」PyCon JP 2017 Day1 Lightning Talk

Reject Conから評判の良かった内容を抽出して膨らませたLT。 意外と琴線に触れる内容だったらしく、アンサーLTまで登場した。

  • 技術書査読・校正の現場から」BPStudy #123 Lightning Talk

間違い探しLT。 筆者も意外といい加減なことを書いているのでそれを検証しつつなんとかするのが査読や校正の役割である。

2018年

  • レガシーDjangoアプリケーションの現代化」DjangoCongress JP 2018 Talk

2017年8月から参画したプロジェクトの経験を元に架空のプロジェクトという見立てを用いて話を作った。

SymPyで学んだことを整理するために発表した。 題材として学部1,2年でやるような数学を選んだつもりだったが、気付いたら整数論も入っていた。

2019年

正しくはQuerySetではなくDjango ORMの失敗談。 PCを持たないのにその場で登壇を決めてしまったので会社の同僚にPCを借りて急ごしらえでスライドを作成した。

ピタゴラス数と無限降下法について勉強して話した。 無限降下法の実装は手探りで証明を理解しつつやったので中々に面白かったのだが、それが発表者に伝わったのかは神のみぞ知る。

2020年

  • 君はcmathを知っているか」PyCon mini Shizuoka 2020 Talk

cmathモジュールの可能性を模索した。 当初の予定はマンデルブロ集合が到達点であったが、冷静に考えてcmathである必要性を感じなかったので、離散Fourier変換と信号処理という電通大の学部3年でやる基本的なテーマを引っ張り出した。

ioモジュールのインメモリーストリーム(StringIo, BytesIO)の実用例を発表した。 BytesIOの中でさらにZipfileを開くという込み入った実装がちょっと気に入っている。

2021年

完全なる一発ネタ。 気軽にPythonを使っていいんだよ、とか気軽にLTやっていいんだよ、というのがテーマであった。 PyCon JP 2021のTwitterでこのLTを元にしたツイートがあって感動した。

  • 組み込み関数powの知られざる進化」PyCon JP 2021 Talk

pow関数に突然追加された機能について数学的な背景を説明した。 数学科でも、情報系でも扱うようなテーマなので、案外みんな知っているのかもしれない。

2022年

  • 残念ながら、1回も登壇せず。書籍作業を優先していたので発表にまで手が回らない状況であった。

2023年

  • 堅牢なPythonコードを書く方法」 BPStudy#189

監訳した『ロバストPython』の概略を説明した。 Pythonの良さと静的型付け言語の良さを良いとこどりして文字通り良いコードを書いていきたい。 「型が形無し」は邦訳にあるジョークだが、それに合わせたか「継承に警鐘を鳴らす」という言い回しが咄嗟に出た。

役に立たないオブジェクトを作る発表。 英語資料を作るのはよいのだが、英語発表は非常に大変だった。

  • Python Distilled』試飲会」 BPStudy#195

翻訳した『Python Distilled』の宣伝。 Pythonの公式ドキュメントは充実しているが、読みやすいとは必ずしも言えない。 『Python Distilled』はPythonの重要な要素を抽出した本であり、1冊でPythonに必要な事柄をカバーできる。 ウイスキーのストレートのように、最初は大変かもしれないが、読めば読むほど価値がわかる本である。

資料を作成する際に、Pythonのwith文についてちゃんと書かれている箇所を探すのは大変であることに気付いた。 最初にwith文の使い方を知ったのはどこだろうか。

2024年に読んだ本

雑な読書記録

買っても読まず、読んでも特に記録を残さずに思い出に残らないので、年単位で読んだ本と簡単な感想を残しておくことにしよう。 いつも、書評を書こうと思い立つもすぐに断念してしまうので「簡単な感想」にとどめてそのハードルを下げるのが目的である、と言っておきながら5年目である。 過去のリストは以下の通り。

自分が読み返して「こんなの読んだのか」と感慨に耽るのが目的なので、気楽に読み流してほしい。

犯罪学教室のかなえ先生 『世の中の8割はどうでもいい。』

www.shogakukan.co.jp

人生をバランスよく生きてくための「テキトー術」を、『人生がクソゲーだと思ったら読む本』で話題を呼んだ自称・日本一テキトーなVTuberが説きます!

大学の同級生が編集を担当した、ということで購入。 筆者はVTuverで、学生時代や法務教官時代の経験を元に「テキトー」に生きる方法を描いたエッセイ。 8割はどうでもいいとかテキトーという言葉から投げやりな生き方をなんとなく想起してしまうがそうではなく、自分でどうしようもない部分に悩む必要はない、というのは面白い視点であった。 語りかける文体ではありつつも読みやすいというも面白い。語りかける文体は得てして読みづらい代物になるのだが、読みやすかった。 エッセイという体歳上、個人の経験がベースであり、何らかの論文や研究がベースになっている主張ではないことは一応気にしておいてもいいかもしれない。 なお、肩書に「日本初の元国家公務員の男性VTuber」とあるが、あまくだり氏の方が早い気がする。 もっとも、現在のあまくだり氏はVTuberではなくYouTuberかつカードショップオーナーである。

マウンティングポリス『人生が整うマウンティング大全』(技術評論社

gihyo.jp

人間関係あるところにマウントあり,マウンティングを制する者こそが人生を制する。

全体の三分の二はカタログ的にマウンティングの事例を集めたもの、残りは人生に基づく人生訓、といった構成である。 人はマウントしたがるものである、自分に秘めるマウント欲も否定せず、相手のマウント欲を尊重しつつコミュニケーションするとうまくいきますよ、というのが主題だろうか。 とはいえ、かなり穿ちすぎな本である。 「マウンティング枕詞」も、無意識にマウントする人には有効かもしれないが、意識して、つまりメタメッセージにマウントを織り込んで話す人々には逆にそれを見透かされる気がしてならない。 「マウンティングエクスペリエンス(MX)」の考察も雑で楽しい読み物の域を超えない。

もっとも、こういう書評めいた感想を書く行為こそ筆者からすればマウンティングである、と言われるのだろう。

岡奈津子『新版 〈賄賂〉のある暮らし』(白水社

www.hakusuisha.co.jp

ソ連崩壊後、独立して計画経済から市場経済に移行したカザフスタン。国のありかたや人びとの生活はどのような変化を遂げたのか。

市場経済化したカザフスタンの生活実態に迫った研究書。 JETROの『アジ研ワールド・トレンド』の記事をまとめ、一般の人にも読みやすくしたものである。 〈賄賂〉と括弧つきなのは、賄賂とお礼の区別が厳密に定義できないという故である。

カザフスタンという国をあまり知らなくても、そこまで興味が無くてもものすごく面白く読める本である。 何をするにも賄賂、賄賂と日本では考えにくい状況が展開される。 賄賂が横行するのは給与が低いせいだ、という言説もカザフスタンの実態の前には不十分である。 まず、仕事を得るにも賄賂が必要であり、しかもその職を維持するにも上司に上納金を送るなど、構造と賄賂が一体化しているため、単に給与を上げても解決しない。 また、仕事を得る際に賄賂を払っても、市民からわいろを受け取ればペイできる、つまりある種の投資でもある、という主張にもびっくりした。 なお、新版で追加された解説によるとカザフスタン全国民が賄賂を使っているわけではなく、旧ソ連の国々と比較するとそこまでひどい国ではないらしい。

一度絶版になった本だが、やはりちゃんとした本は復刊するのである。 手に入りやすくなったので、カザフスタン中央アジアにそこまで興味が無くても読んでみてほしい。

ジェフ・ホワイト『ラザルス』(草思社

soshisha.com

北朝鮮はなぜミサイルを撃ち続けられるのか? 警察庁等が名指しで非難したハッカー集団の痕跡を追跡。もはや軍事組織と呼ぶべき北朝鮮サイバー部隊の実態とは?

英国BBCの系列であるBBCワールドサービスのポッドキャスト『The Lazarus Heist』の書籍版、という位置づけの調査報道ノンフィクション。 偽米100ドル札の「スーパーノート」から韓国、ハリウッドへの企業や金融機関へのハッキング、バングラディシュ中央銀行への搾取、ランサムウェアまで、 北朝鮮が国家的に関わっていると強く疑われる犯罪、特にハッカー集団による攻撃についての調査報道である。 僕の脳内にある北朝鮮像は本書第2章「破産国家」で描写される過酷な状況だったり、国営放送の特徴的なアナウンサー、将軍様などハッカー集団やサイバー部隊といった言葉とは結び付かないイメージだが、 本書に描かれているのは(第2章「破産国家」はともかく)北朝鮮が何としても生き残るために手段を選ばず外貨を獲得する姿である。 「ハッカー集団の痕跡を追跡」とあるが、本書で大部分を占めるバングラディシュ中央銀行への攻撃に関する記述は資金洗浄に関する話が大半である。 本書に登場する実行犯の大半は検挙されておらず、資金洗浄のいわゆる末端作業を担っていた人物が逮捕され、何らかの裁判を受けたにすぎず、北朝鮮サイバー部隊は依然として検挙されずにいる。 北朝鮮のサイバー部隊は、全員が全員ではないと思うが、過酷な身分制を乗り越える手段として自分の才能をサイバー部隊に向けているため、多少平和な日本の若い人とは置かれている状況が全く違う。 第2章「破産国家」で描写される過酷さが、洗練された犯罪手法に昇華しているのだろうか。

警視庁にサイバー警察なる部署があったり、各種自衛隊の情報機関など、日本にはこのようなサイバー部隊はいるのだろうか。 我々のような一般的な読者は変なメールを開かないなど、自衛するしかないのだろうか。

読んでいて気になった箇所。 P.104にDDoS(分散型サービス拒否攻撃)の説明があるが、説明されているのはDos(サービス拒否攻撃)に留まる内容で分散型という言葉に関する説明がない。 P.243に「東京の北にある茨城県」とあるが、北東だと思う。 P.255に以下の記述がある。

私の協力者の話だと、≪ササキタダシ≫という日本名は”吹き出しそうになるほどありきたり”な名前で、欧米で言うなら"ジョン・スミス”のようなものだと教えてもらった。

著名なのは近江源氏の佐々木氏などあり、昔からある日本の苗字(氏?カバネ?)だが、偽名として笑うほどありきたりだろうか。 「タダシ」も正なのか忠なのか忠司わからないが、偽名として笑うほどありきたりだろうか。 偽名ならば、という前提で、「サトウタロウ」や「タナカイチロウ」の方が”吹き出しそうになるほどありきたり”な名前だと思う。 むしろ、「ササキタダシ」は偽名か本名か判断が難しいラインではないか。 実際、≪ササキタダシ≫なる人物は実在し、原著者がインタビューしている。

田川建三『イエスという男 第二版[増補改訂版]』(作品社)

www.sakuhinsha.com

エスキリスト教の先駆者ではない。歴史の先駆者である。歴史の本質を担った逆説的反逆者の生と死!

新約聖書学者の田川先生のイエス論。 初版は三一書房で1980年、第二版は作品社から2004年に刊行。 昨年読んだ、清水俊史『ブッダという男』(筑摩書房)のタイトルのインスパイヤ元でもある。

他のイエス論を読んだことがないので比較は難しいが、福音書やラビ関係の書籍からナザレのイエスの人物像に迫った本、というべきだろうか。 『新約聖書 訳と註』とは異なり、田川先生が考えるイエス像による想像というか推測もあるが、それでも福音書やラビ関係の書籍を根拠にどういう人物であったを描写している。 同業者に向ける容赦ない批判はやはりすごいというか、自分が同じ目にあったら泣いてしまいそうである。

田川先生と言えば、『新約聖書概論』など、未刊行の書籍がいくつかあるが、果たしてそれは刊行されるのだろうか。 ホームページは3年ほど更新されていない。 そもそも、どこから刊行されるのだろうか?作品社か勁草書房ぐらいしか思いつかないが。

言語技術の会(編)『実践・言語技術入門』(朝日新聞社

publications.asahi.com

あいまいな日本語表現を再検討し、国際化時代に通用する論理的な文章と話し方のための技術。 これまでの作文教育では不十分だった「事実を伝える」「物事を説明する」「自分の考えを述べる」ことに慣れるための練習問題付き。

Twitterで書名を見かけたので入手。

巻末の経歴によると、「言語技術の会」は1977年発足の学習院教育問題調査会の国語教育分科会が前身で、1983年に改称した。 要は学習院の教員からなる団体である。 着目すべき点は、著者陣に『理科系の作文技術』で有名な木下是雄がいることである。 ちなみに学習院大学名誉教授、元学習院大学学長と書かれている。 その他のメンバは学習院の小中高の教員や学習院女子の教員からなる。

冒頭に次のような文言がある。

この本の主眼は、具体例を通して情報・意見・意図の伝達に必要な心得を浮かび上がらせることなのです。 いちばんのポイントは、事実(実見したこと)と意見(自分が考えたこと)とをはっきり区別して扱うことです。

これだけで、この本はいい本であるな、と感じた。 記述に関するページ数は100ページ前後にコンパクトにまとまっており、個人的には『理科系の作文技術』よりも簡潔で読みやすい。 『実践・言語技術入門』を読んだ後に、とある本を読んだら根拠のない意見の羅列で唖然としたぐらい『実践・言語技術入門』は良い。

朝日新聞出版はこの本を今すぐ復刊するべきだと思うが、『理科系の作文技術』や『レポートの組み立て方』に同じような記述があるかもしれない。 ちなみに、僕が学部生の頃に読んだのは『理科系の作文技術』ではなくて『レポートの組み立て方』である。

また、現在の学習院はこのような取り組みは行っているのだろうか。 論理的な文章というか、読みやすい文章を書く技術は必ず役に立つので、取り組み続けていていたら良いなと思う。

エドガー・カバナス、エヴァ・イルーズ『ハッピークラシー 「幸せ」願望に支配される日常』(みすず書房

www.msz.co.jp

「ハッピークラシー」は「幸せHappy」による「支配-cracy」を意味する造語。誰もが「幸せ」をめざすべき、「幸せ」なことが大事――社会に溢れるこうしたメッセージは、人びとを際限のない自己啓発、自分らしさ探し、自己管理に向かわせ、問題の解決をつねに自己の内面に求めさせる。それは社会構造的な問題から目を逸らさせる装置としても働き、怒りなどの感情はネガティブ=悪と退けられ、ポジティブであることが善とされる。新自由主義経済と自己責任社会に好都合なこの「幸せ」の興隆は、いかにして作られてきたのか。フランス発ベストセラー待望の翻訳。

心理学の新しい分野として登場した「ポジティブ心理学」なる概念を批判した本。 ポジティブ心理学は根拠に乏しいし、何なら悪影響でもある、というのが続く。 批判はともかくとして、幸福概念に対する信奉者の行動力は驚くべきものがある。 むしろそちらの方がびっくりした。

以前、最初から炎上が見えていたプロジェクトに参画させられそうになった際に、そのプロジェクトの旗振り役の人物が異常なほどポジティブだったのを思い出した。 結局、そのプロジェクトは関わることはなかったが、当然のように炎上していた。 異常なほどのポジティブさは「社会構造的な問題から目を逸らさせる装置」なのかもしれない。

V林田『麻雀漫画50年史』(文学通信)

bungaku-report.com

これも麻雀漫画、これが麻雀漫画。だから楽しい!

好事家がまとめた、1970年代から現代の2020年代までの50年にわたる麻雀漫画の歴史をまとめたもの。 元々は筆者が主催するサークル「フライング東上」の同人誌がベースになっている。 同人誌がベースなのだが、国会図書館明治大学現代マンガ図書館での調査、関係者へのインタビューなど、質が高くてびっくりした。 筆者の思い入れのある作品の記述量が他と比べてやはり多くなる、個人の感想や感情が入るなど、やはり学者じゃなくて好事家がまとめた歴史ではある、とは感じた。 しかし、筆者の思い入れが入っているからこそ無味乾燥した歴史ではなく、読み応えのある麻雀漫画の歴史になっている。 麻雀漫画を読んだことが無くても、麻雀のルールに対して詳しくなくても、中々のページ数を感じさせずあっという間に読めてしまう。 そして、本書に上げられている漫画を読みたくなるはず。 僕は『麻雀飛翔伝 哭きの竜』の電子版をとりあえず揃えました。

能條純一哭きの竜』(小学館

www.shogakukan.co.jp

鳴くと必ず和了る男がいる。男の名は竜。 鳴くことで運を引き寄せ、勝負に勝つ。 そんな竜の強運を手に入れようとする男たちがいた。

竹書房『別冊近代麻雀』で連載された麻雀漫画の代表作。 購入したのは小学館から出た文庫版の電子版。 ストップモーションを駆使した外連味溢れる演出は今もなお色褪せていない。

ひとつさらせば自分をさらす

ふたつさらせば全てがみえる

みっつさらせば地獄がみえる

みえるみえる堕ちる様

竹内理三『日本の歴史 武士の登場』(中央公論新社

www.chuko.co.jp

平安末期、東西の辺地から登場した武士たちは、都の貴族にかわって平氏政権をうちたてる。驕れる清盛死してやがて壇ノ浦合戦に至る波瀾の時代。

『日本の歴史』の6冊目。 前九年・後三年の役保元の乱平治の乱治承・寿永の乱と古代から中世への移り変わり、武士の台頭を中心に記述したもの。

『武士の登場』で着目すべきなのは本文ではなくむしろ2004年に追加された「解説」である。 今までの「解説」は思い出話だったり、研究の進展の解説だったりとある意味穏便な解説だが、『武士の登場』の入間田氏による解説は、悪く言えば本書の主張の否定、よく言えば本書を現代の研究者が乗り越えるべき壁と位置付ける、という内容になっている。 先に「解説」を読んだので、『武士の登場』を読み進めるのを躊躇していたが、読み始めると意外にもするすると読めるのが不思議である。 『平家物語』などの軍記物も積極的に記述に取り入れるなど、今となっては、という本かもしれないが、1960年代までの理解である、という前提で読み物として読むとやはり面白い。 紙面の都合か、平家が没落する箇所はあっという間に過ぎ去ってしまう。 紙面の都合とは思うのだが、その儚さは心に打つものがある。

『Rではじめるデータサイエンス 第2版』の査読を担当しました

Rでデータサイエンスやるならまずはこの1冊

2024年6月26日にオライリージャパンから『R for Data Science, 2nd Edition』の邦訳である『Rではじめるデータサイエンス 第2版』が発売される。

www.oreilly.co.jp

今回、主に日本語回りのお手伝いをした。

初版邦訳は2017年であり、約7年振りの改訂である。 新たな著者を迎えて、内容も更新されている。 内容としてはtidyverseを中心に、第一部の「全体像」でデータサイエンスの概要を伝え、以降で構成要素に深入りする。 何よりもtidyverseの作者による説明なので納得感が強く、Rでデータサイエンスやるならまずはこの1冊な本になっている。

データサイエンスやR言語に興味がある方は是非とも手に取って欲しい。

『プログラミング言語AWK 第2版』の査読を担当しました

原書初版は1988年

2024年5月16日にオライリージャパンから『The AWK Programming Language, 2nd edition』の邦訳である『プログラミング言語AWK 第2版』が発売される。

www.oreilly.co.jp

今回、主に日本語回りの校正、Python周りのチェックをお手伝いした。

AWKは主にテキスト処理に用いられるプログラミング言語である。 もはやAWKの名前の由来など解説する必要がないかもしれないが、エイホ、ワインバーガー、カーニハンの頭文字を並べたものである。 いずれのお三方も計算機科学の重鎮である。 最初はだれだってAhoの読み方に困惑するはずだ。

原書初版は1988年であり、35年振りに改訂が行われた。 主な変更点はUnicode対応やCSVなどのデータ集計に関する機能であり、ある意味では変わっていないともいえるし、現代でも使える言語に進化したともいえる。 AWKは主にテキスト処理に用いられるプログラミング言語である、と冒頭で述べたが、「5章 レポートとデータベース」や「7章 専用言語」を読めばわかる通り、単純なテキスト処理を超えた力を持つ言語である。

改訂に伴い、Pythonで書かれたコードも少しだけ登場する。 また、「9章 あとがき」では(おそらくカーニハンの)Pythonに関する評価が書かれている。

Perlから遅れること数年、1991年(平成3年)に開発されたPythonスクリプト言語分野を席巻し、すべての言語の中でももっとも使用されているものの1つになった。Pythonは習得しやすく、表現力も高く、効率にも優れる。さらに考え得るプログラミング処理のほとんどに対応する膨大なライブラリもある。現実的に考えれば、もしプログラミング言語を1つしか習得しないならば、Pythonをお勧めする。

AWKの本なのにPythonが好意的に扱われている。 時代は変わったものである。

もちろん、続けてAWKについても

しかし、コマンドラインに入力するような小規模プログラムでは、Awkに勝るものはそうそうない。

とあり、気軽に使えるツールとしてのAWKの魅力は決して色褪せていない。

プログラミング言語AWK 第2版』は「1章 Awkチュートリアル」や「付録A Awkリファレンスマニュアル」だけ読んでも十分役に立つ。 そして、是非とも他の章も読み進めて、AWKの底力を垣間見てほしい。