何かを書き留める何か

数学や読んだ本について書く何かです。最近は社会人として生き残りの術を学ぶ日々です。

Curriculum Vitae of XaroCydeykn

Curriculum Vitaeと呼ぶには何かが欠けている気がするが気にしない。

技術書査読

2016年

2017年

2018年

2019年

外部発表

2016年

  • PyConJP で感じる私の成長」PyCon JP 2016 Day1 Lightning Talk

受付後にLTの募集枠が空いていたので深く考えずに登録した。 卒論・修論発表で培った(?)勢い重視の発表で中身の薄さを乗り越えた。 最初のPyCon JPは怖い、という話はある程度共感を得たようである。

2017年

当初は話を聞くだけのつもりであったが、Python 3.6の新機能を調べるうちにメタクラスの部分の置き換えができることに気づいたので発表した。

中身のない概要から如何に内容を絞り出すか、と苦戦した発表。 技術書に書かれていることだけでは難しく、実践を伴わないと意味のある発表にするのが難しい。

  • Respect the Built-in Names」PyCon JP 2017 Day1 Lightning Talk

Reject Conから評判の良かった内容を抽出して膨らませたLT。 意外と琴線に触れる内容だったらしく、アンサーLTまで登場した。

  • 技術書査読・校正の現場から」BPStudy #123 Lightning Talk

間違い探しLT。 筆者も意外といい加減なことを書いているのでそれを検証しつつなんとかするのが査読や校正の役割である。

2018年

  • レガシーDjangoアプリケーションの現代化」DjangoCongress JP 2018

2017年8月から参画したプロジェクトの経験を元に架空のプロジェクトという見立てを用いて話を作った。

  • SymPyによる数式処理」PyCon JP 2018

SymPyで学んだことを整理するために発表した。

2019年

  • Django QuerySet アレパターン」DjangoCongress JP 2019 Lightning Talk

正しくはQuerySetではなくDjango ORMの失敗談。

ピタゴラス数と無限降下法について勉強して話した。

PyCon mini Hiroshima 2019に参加しました

初めての広島

2019年10月12日に広島市立大学サテライトキャンパスにてPyCon mini Hiroshima 2019が行われた。 今回、『Pythonで楽しむ初等整数論』という題目で発表を行った。

hiroshima.pycon.jp

何度か技術系のカンファレンスやイベントで発表をしたり、聴講したりしてきたが、いずれも東京やその近辺で開催されたイベントであった。 今回、初めて東京近辺以外の技術系カンファレンスに参加した。

登壇やその準備に関する話は会社の技術ブログに色々書いた。

iridge-tech.hatenablog.com

カンファレンスの雰囲気はTogetterにまとまっている。

togetter.com

このエントリでは、それ以外の話題について書いてみる。

台風19号、来たる

台風15号も中々の規模であったが、台風19号はもっとすごいことになっていた。 スケジュールがうまいことに台風の影響をなるべく避ける日程になっていたので運良く広島まで飛ぶことができた。 飛行機は高校の修学旅行以来で感覚を忘れていて中々に怖かった。 台風の余波なのか、そういうものなのかの切り分けができていないが、それでも離陸時の加速度は「おおっ?」と思った。

寝落ち

無事、広島に到着したが、当日は家の始発に乗って向かったため非常に眠い状態であり、 前日の食事会にいくそぶりを見せつつ寝落ちするという相当ひどいことをしてしまった。 広島の土地勘がないためタクシーを駆使して向かった。 お好み焼きは美味しかった。

広島のポケモンセンターヒロシマコイキングのシールを購入した。

当日

広島は台風19号のルートからは外れていたが、強風域には入っていた。 この手のイベントではGitHubのアカウント同じ帽子を被っているが飛ばないように外していた。

PyCon mini Hiroshima 2019の講演はどれも興味深く、かつ面白いものであった。 内容もバラエティに富んだものでそれなりの長丁場であったが飽きさせないものである。 特に、一番最初のCADの話はITの威力を感じさせるもので印象に残った。

広島観光

PyCon mini Hiroshima 2019の翌日は観光に出かけた。 まず向かったのは宮島。 JR広島駅から山陽本線で宮島口へ向かい、フェリーで宮島に上陸した。 厳島神社は長蛇の列で並ぶ元気がなかったので遠目にみつつ宮島水族館へ向かった。 マスコットキャラクターはフンボルトペンギンであったが、力を入れていたのは瀬戸内海に生息する生物の展示であった。 宮島にも山があり、弥山の登山もやってみたかったが、装備が不足していたのと時間が遅かったので断念した。 次回、来ることがあれば挑戦してみたい。

その後、広電で原爆ドームへ向かった。 教科書や写真、テレビでは幾度もみてきた原爆ドームをやっと自分の目でみることができた。

予定よりも宿泊日数を1日増やして戻ってきた。 帰りの飛行機は行きよりも揺れが少なかったが、雨模様の羽田へ向かうときはやはり揺れていた。 なんとかアパートに戻り、台風による損害が起きていないことを確認した。

感想?

今まで、旅行っぽいものをしたことがなく、修学旅行や合宿など誰かが予定を組んだ旅行しか経験がなかった。 次はどこにいくのだろうか。

『NumPyによるデータ分析入門』の査読を担当しました

ありそうでなかったNumPy本

2019年9月27日にオライリージャパンから『Mastering Numerical Computing with NumPy』の邦訳『NumPyによるデータ分析入門』が発売される。 この度、邦訳の査読者として参加させていただいた。 オライリーの方から話があったのは2019年7月下旬であった。

www.oreilly.co.jp

原著のタイトルは「NumPyによる数値計算入門」といった具合であるが、中身は邦題の通りNumPyやその周辺のツールを使ったデータ分析が主題である。 オライリージャパンからもすでに類書として『Pythonによるデータ分析入門 第2版』『Pythonデータサイエンスハンドブック』が出版されているが、 それらと比較するとコンパクトにまとまっていて、1冊読み切ったぞ!という達成感は得やすいと思われる。

NumPy周りを知るためにさっと1冊ほしい、というときにおススメである。 ぜひ手に取ってほしい。

『レガシーコードからの脱却』を読んだ。

知っていることと実践することは違うよ

オライリージャパンさんから『レガシーコードからの脱却』を頂きました。 ありがとうございます。

www.oreilly.co.jp

本書は、レガシーコード(修正や拡張が難しいコード)をどうするかというより、そもそもレガシーコードを生み出さないためにはどうすればいいのか、というのを主眼に、 9つのプラクティスを解説する、という本である。 また、単純にプラクティスを実践するのではなく、その背景にある原則を理解する必要があると説く。 そのため、プラクティスの細かい技術的な説明よりも背景にある原則の説明に力点がある。

9つのプラクティスは目新しいものはなく、自分の経験上別の本で繰り返し語られてきたもので、『レガシーコードからの脱却』から「新たに」知った概念は無かった。 しかし、知っているからといって実践できているかといわれると相当怪しいものである。 例えば、日々の業務で継続的インテグレーションや継続的デプロイはできている、と思っていたが本当にできているのだろうか不安になってきた。 また、自分の過去を振り返ると技術的プラクティスの習得が怪しい。 仕事を始めてから最初の2年間(1社目にいたころ)は危機感からその手の技術的プラクティスが書かれた本を貪り読んだが、それを実践できているのか。

普段から技術書を読んでいる方にとっては目新しいことが書かれていないが、1冊にコンパクトにまとまった本でこれを出発点に参考文献をあたるとよいのではと感じた。 エクストリームプログラミングとかアジャイルとかできているよ、と思っている人にもぜひ読んでほしい。