読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かを書き留める何か

数学や読んだ本について書く何かです。最近は社会人として生き残りの術を学ぶ日々です。

LaTeX + jsarticle + slide でスライドを作る

LaTeX + Beamer でスライドを作る - 何かを書き留める何かの姉妹編、なのだろうか。


MS PowerPointは使いたくない、だがBeamerは敷居が高い…というために jsarticle の slide オプションを用いたスライドの作り方を書いてみる。普通に書くと奥村先生の美文章作成入門の引用に終始してしまうのでページ数を出力するものを考える。
とりあえずサンプルを見てみる。

\documentclass[a4j,papersize,disablejfam,slide,36pt]{jsarticle}
\usepackage{graphicx,xcolor}
\usepackage{lastpage}
\usepackage{fancyhdr}
\renewcommand{\headrulewidth}{0.0pt}
\pagestyle{fancy}
\lhead{}
\chead{}
\rhead{}
\lfoot{}
\cfoot{\thepage{}/{}\pageref{LastPage}}
\rfoot{}
\usepackage{amsmath}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{textcomp}
\usepackage[utf8]{inputenc}
\usepackage{lxfonts}
\usepackage{bm}
\begin{document}
\title{LaTeX + jsarticle + slide でスライドを作る}
\author{Xaro}
\date{\today}
\maketitle
\section{数式の例}
\begin{equation}
\left( \int_{0}^{\infty} \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^{2} = \frac{\pi}{2}.
\end{equation}

\newpage
\section{猿!}
\begin{itemize}
\item 見ざる
\item 聞かざる
\item 言わざる
\end{itemize}
\end{document}

レジュメをjsarticleを用いて作成している場合、slideオプションを使ってスライドを作成したほうがスムーズにできるのではないだろうか。